倖せ人生補完計画(仮)

☆ワタシの人生、ネタの宝庫☆

ダメ調停委員はチェンジせよ

私の離婚の場合

家庭裁判所の調停を思いっきり活用しました。

というか、DV関係の離婚の場合は

長引くけど、絶対に必要だと感じています。

 

・・・・・・しかし。

 

調停委員は選ばれし人・・・

と言っても

当たりハズレがとにかく大きい。

 

ちなみに、調停委員は判断を下したりするのではなく

伝書鳩のようにお互いの言葉を伝え合うための

間に入って話を進める役目の人(男女ペア)です。

 

私の場合、3年近くかかっての調停離婚だったのですが

 

 

モラ夫からの調停申し立て(1年目)

 

男調停委員、モラモラ調停委員でかなり馬鹿にされ卑下される

女をバカにする言動 

なんだったら、モラ元夫(の文章)と一緒になって責めてくる

女調停委員、穏やかな笑顔で横にいるだけ・・・

最後には、面会交流を盾に

親権は向こうに移るよって脅される。

 

モラ夫からの調停不成立で取り下げ

 

 

モラ夫からの調停申し立て(2年目)

 

こちらが弁護士つけたら、スーツの襟に菊のバッジ付けてる人来た!

真摯に話を進めてくれる・・・

しかも、きちんと話を聞いて、きちんと事を進めてくれる・・・

特に男性調停委員

なんだ・・・これは。

弁護士の威力なのか・・・1年目と全く違う・・・。

 

モラ夫からの調停不成立で取り下げ

 

 

こちらからの調停申し立て(3年目)

 

2年目と同じ調停委員。

弁護士さん曰く、同じ人がつくのは珍しいとのこと。

この時のモラ夫は、離婚を酷く焦っていたらしく

皆で

『結婚を約束するような彼女でも出来たのか・・・』

って話していた。

金銭面で取り決めるのも、今が勝負って感じでさくさくっと

おおかた、こちらの希望が通る形になった。

 

ところが。

 

最後の最後、いざ、離婚調停が成立し公正証書を、と言う時に

調停委員の女性の方が辞任した、と。

新しい方が担当になったのだが

この方、スーパーウーマン!!!

 

私の味方のなってくれて

「本当は○○の方がいいけど」

と前置きありつつ

「相手側、子育てとか一切無理そうだから

 ここで一気に畳みかけましょう」

と、こちらの希望がほぼほぼ通る形で

公正証書をやっつけてくれました。

 

以上、調停委員も本当にピンキリで

当たりハズレが大きい。

 

けど、私の1回目の調停のように

あまりにも酷い場合は、チェンジすることも出来るので

ぜひ、家裁に相談してみてください。

 

どうしても、DVを受けてきた人にとっては

周りがみんな敵に見えてしまう時があります。

でも、ちゃんと相談に乗ってくれる人もたくさんいるし

優しい言葉をかけてくれる人も

手助けをしてくれる人もちゃんといます。

(注:悲しいけど、そうじゃないひともいます)

 

だから、誰かを頼ったり

助けてって発信したり

NO!って伝えたり

してもいいんです。

 

自分自身と我が子のためにも

安心して生きていける未来を

周りの力を借りつつ、築きましょう!!